学生のためのバレンタイン特集

由来!バレンタインの始まりの日

学生のためのバレンタイン特集

学生のためのバレンタイン特集とは?バレンタインを楽しみにしている女子学生のための、バレンタイン総合情報を紹介するサイトです。バレンタインはアルバイトも稼ぎ時!

サイトについて

サイトについて簡単手作りチョコレシピや、彼に喜ばれるギフト、バレンタイン時期のアルバイトなど、バレンタインの総合情報を紹介するサイトです。お問い合わせは>>valentine_for_student@yahoo.co.jpまで。

バレンタインの始まり

バレンタインの始まり

バレンタインデーという日は知っていても、なぜ2月14日がバレンタインデーになったかについては知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。今回はバレンタインデーの由来について説明していきましょう。贈り物と一緒にちょっとしたウンチクをプレゼントすれば、彼氏もあなたのことを見直してくれるかもしれませんよ。

聖ヴァレンティヌスという人物

バレンタインデーについて語る前に、この日の由来となった聖ヴァレンティヌスという人物について説明しておきましょう。3世紀のローマ皇帝・クラウディウス2世は、兵士の結婚を禁止しました。これは妻を故郷に残していては兵士の士気が下がってしまうという理由でした。これに抵抗したのがキリスト教の司祭でもあった聖ヴァレンティヌスです。彼は結婚を望む兵士たちのために秘密裏に結婚式を執り行っていたのです。ところが、これが皇帝の知るところとなってしまい、聖ヴァレンティヌスは捕らえられてしまいます。当時のローマは皇帝崇拝と相反するキリスト教が弾圧されていたこともあり、聖ヴァレンティヌスは処刑されてしまいます。この処刑された日が2月14日だったのです。

なぜ2月14日になったのか

古代ローマの時代には、ルペルカリア祭と呼ばれる祭りが2月15日に行われていました。結婚の神であるユノと、豊穣の神であるマイアを祭るものでしたが、この祭りでは独身男女がくじ引きで付き合う相手を決めるというイベントがありました。聖ヴァレンティヌスが処刑されてから200年後、ローマではすでにキリスト教が国教となっていました。そして、この祭りが若者の風紀を乱していると憂慮したのが当時のローマ教皇・ゲラシウス1世でした。彼はルペルカリア祭の前日が聖ヴァレンティヌスの処刑された日であることに目を付け、ルペルカリア祭に代わる若者たちのための祭礼を作ったのです。これがバレンタインデー(聖ヴァレンティヌスの日)の起源とされており、現在でも恋人たちのための日とされています。

日本でチョコが贈られる理由とは

ただ、これだけではなぜ日本でチョコが贈られるようになったのかが分からないのではないでしょうか。これは日本でバレンタインデーを広めたのが、チョコを販売するお菓子メーカーだとされていることと関係があります。どこのメーカーが広めたかについては諸説あります。1936年にモロゾフがバレンタインデーに関する新聞広告を載せたのが起源とする説、1958年にメリーチョコレートカムパニーが伊勢丹で行ったセールを起源とする説、1960年に森永製菓が掲載したバレンタイン関連の新聞広告を起源とする説などがそうです。いずれが起源だとしても、即座にバレンタインデーがチョコを贈る日として定着したわけではありません。実際に定着するのは1970年代に入ってからで、そのころからバレンタインチョコの売り上げが増加しているのです。
バレンタインデーをキリスト教にまつわるロマンチックな話と取るか、お菓子メーカーの商魂にまつわる生々しい話と取るかは意見の分かれるところでしょう。ただ、こうしたウンチクを知っておくだけでも、バレンタインデーがちょっと楽しくなるのではないでしょうか。